引越し 役所

MENU

引越しでは、やることが沢山ですが役所の手続きが一番大変

引っ越しをしたら、住民票の変更など、時間と手間がかかりますが色々な手続きをする必要があります。
それが面倒でも必ず変更手続きを行わないといけません。
だからあらかじめ、引っ越しの翌日を、各種届出を行う日と決めて作業をするとスムーズです。

 

まず、もともと住んでいた市区町村の役所に行き、転出証明書を交付してもらいます。
そして転居後14日以内に新住所の役所に転入届を提出します。

 

次男が県外に就職した時に同時に出来たらいいのにと思ってしまいましたが、幸いまとめて代理手続きを会社側が済ませてくれたので楽でした。
転出証明書の交付が済んだら、次は印鑑登録の廃止届けを行います。
会社に勤めていて、厚生年金に加入している人はこの手続きは不要になります。
元の住所の役所で、転出証明書を貰ったあと返納手続きを行います。

 

あとは、郵便物の転送手続きを郵便局でします。
届出から1年間は新住所に転送されます。
そうしないと重要な手紙とか届かなくなります。

 

新しい住所と同じ都道府県の警察署で、運転免許証の住所変更を行うことができます。
現在の免許証と、住民票を持参します。

 

また引っ越しすることにより都道府県が変更となる場合には、写真も必要となります。
犬を飼っていたら元の住所の役所で廃犬届つまり住所変更を提出して、新しい住所の役所で旧鑑札を渡し、再登録の手続きを行います。
引っ越しだけなのに、自分以外の届け出も必要なので、本当に大変だなって思います。
し忘れのないように、準備万端で終わらせたいものです。